インプラント

インプラントは歯を失った場合の有効な選択肢

インプラント治療とブリッジ、入れ歯の比較

あづま歯科では、患者さんのご希望を踏まえ、生活習慣、咬み合わせの状況、全身状態その他医学的な見地を考慮した上で、失った歯の機能をどう回復するか治療計画を立案します。一方的にお勧めすることはございませんのでご安心下さい。

当院はザイブインプラントシステムを採用しています

ザイブインプラントシステムとは、デンツプライフリアデント社(ドイツ)から発売された最先端のインプラントです。その特長は、「優れた審美性」と「治療期間の短縮化」です。

優れた審美性

インプラント(人工歯根)の上部に取り付けるアバットメントが、金属ではなくジルコニア製です。金属のアパットメントは、歯肉が薄い場合や退縮した際に金属が露見し、黒ずんだ歯茎に見えてしまうという欠点がありました。

治療期間の短縮化

デンツプライフリアデント社は、インプラントと骨ををより早く結合させるためにインプラントの表面性状に注目しました。そして、開発されたのが表面性状”プラス”です。

これは、インプラント表面にブラスティング処理を施した後、高温で酸エッチング処理を行い、表面に均一で微小な凹凸 を作り出すことで骨の細胞(骨芽細胞)の付着を促進して、インプラントと顎の骨の結合を早めることができます。

紹介動画

表面処理

インプラントと顎の骨を早く結合させるために必要な表面処理の様子がわかります。

 

XIVE3mm埋入

XIVE3mmを顎に埋め込む様子がわかります。

 

赤血球L

赤血球がインプラントと骨の結合をより強固にする様子がわかります。

 

治療費(税抜き)

埋入手術 220,000円/本 ※
GBR 歯周病により失われた骨を、インプラント埋入と同時に回復する処置 50,000円
テルプラグ 抜歯後の穴に挿入して組織の再生スピードを促進する処置 5,000円

※ 被せ物の料金は含まれていません。