噛み合わせ治療

噛み合わせの歪みは体の不調につながります。

例えば、長い間、欠損などを放置してしまった場合はスペースに向かっていろんな歯が移動してしまいます。この移動してしまった、歯牙に対して、入れ歯やブリッジやインプラントを補綴したとしても、残念なことに最適には機能はしないのです。つまり、よく噛めないのです。

口腔内の全体のことを考え。

動いてしまった、歯牙をもとの最適なポジションに修復して、噛み合わせの平面を治療してから。欠損を補綴することがとても大切だと考えています。

噛み合わせ治療の流れ

1. 診査診断(咬合器付着、フェイスボー、噛み合わせ、口腔内写真)
2. 診断結果のお知らせ
3. 治療計画の相談
4. 治療のスタート

治療例

治療前 治療後
治療前 治療後